四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(5月26日発表)

投稿者: | 2022年5月26日

ディー・エヌ・エー(2432)

モバイルゲーム大手のディー・エヌ・エー(2432)が売られて大幅安。午後1時54分時点では前日比160円(8.1%)安の1826円で東証プライム市場の値下がり率銘柄ランキングのトップとなっている。

エムアップホールディングス(3661)

歌手などのファンサイト運営事業を展開しているエムアップホールディングス(3661)が急反発した。一時は1220円まで上伸し、4月6日の年初来高値1140円を更新した。午後1時49分現在、前営業日比94円(8.6%)高の1188円と東証プライム市場の値上がり率3位で推移している。

FPG(7148)

税繰延メリットのオペリース商品事業を展開しているFPG(7148)が3日ぶりに急反発した。一時は984円ストップ高まで上伸し2月7日の年初来高値922円を更新した。午後1時30分現在、前日比149円(17.9%)高の983円と東証プライム市場の値上がり率トップで推移している。