四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(5月23日発表)

投稿者: | 2022年5月23日

ヘッドウォータース(4011)

AIを活用したソリューションを提供しているヘッドウォータース(4011)が3連騰した。朝から値付かずの展開となっており、午後1時10分現在、制限値幅上限の前営業日比700円(22.2%)高の3850円ストップ高買い気配で推移している。

日本伸銅(5753)

黄銅棒・線の大手の日本伸銅(5753)が続騰した。午後0時30分現在、前営業日比181円(10.5%)高の1901円で推移している。一時は1950円まで上伸した。5月20日に自己株式の取得を発表し、需給の改善や実質1株利益の上昇を期待した買いが活発化した。

住友ファーマ(4506)

医薬品準大手の住友ファーマ(4506)は下げ止まらず3営業日続落。4月20日以来およそ1カ月ぶりに年初来安値を更新しており、午前11時4分現在では前営業日比10円(0.9%)安の1074円で推移している。