四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(5月31日発表)

投稿者: | 2022年5月31日

東京通信(7359)

国内外向けに無料スマホゲームを多数開発し、広告枠で収益を稼ぐビジネスモデルの東京通信(7359)が続騰した。午後1時50分現在、制限値幅上限の前営業日比100円(16.3%)高の713円ストップ買い気配で推移している。

ピクスタ(3416)

ネット上で写真等のデジタル素材の仕入れ・販売を手掛けるピクスタ(3416)が急反発した。午後1時30分現在、制限値幅上限の前営業日比300円(24.8%)高の1510円ストップ高買い気配で推移している。

穴吹興産(8928)

四国のマンション分譲首位級の穴吹興産(8928)が8営業日続伸した。一時は2449円まで上伸し連日で年初来高値を更新した。午後0時49分現在、前営業日比22円(0.9%)高の2372円で推移している。