四季報記者が選んだ新年度大バケ期待の20銘柄(5月24日発表)

投稿者: | 2022年5月24日

Green Earth Institute(9212)

微生物を使い石油に代わるバイオマス由来の化学品の研究開発を行っているGreen Earth Institute(9212)が3連騰した。午後1時14分現在、前営業日比131円(17.6%)高の877円で推移している。一時は893円まで上伸した。

ランシステム(3326)

東証スタンダード上場で複合カフェ「自遊空間」を全国展開するランシステム(3326)が多くの買い注文を集めて買い気配値を切り上げ。午前11時18分時点では値幅制限の上限となる80円(18.6%)ストップ高の510円で値がつかないまま買い気配が続いている。

ラクオリア創薬(4579)

創薬ベンチャーのラクオリア創薬(4579)が続伸スタート。一時は前日比15円(1.9%)高の804円まで上昇した。23日引け後、韓国HKイノエン社に導出した胃食道逆流症治療薬「tegoprazan」について、サブライセンス先のフィリピン企業がフィリピン規制当局から、びらん性胃食道逆流症など4つの適応疾患に対する販売承認を取得したと発表。これが材料視された。